top of page

強い乱視でもここまで作れる!磯釣り用度付偏光サングラスをお作りしました!!




釣り用の度付き偏光サングラスのご相談です。

大分県よりわざわざご来店くださったお客様。


ロックショアゲーム(磯釣り)が大好きで、これからもっと釣りを楽しむために専用の度付きサングラスの作成を検討し始めました。



これまでも釣り用の度付きサングラスを作りたいと考えていましたが、ご自身の近視や乱視度数が強く、メガネ屋さんに行っても難色を示され半ば諦めていました。


そんな時にSUNPLUSを見つけ、ここなら自分の希望したものが作れるかもと思い、今回のご来店に至りました。



お話を伺いながら先ずは視力測定を行い、メガネ度数を調べました。


近視は中程度でしたが、確かに乱視度数が強いです。

-4D以上の乱視度数は滅多に巡り合うことはありません。



この度数は、OAKLEYのスポーツモデルなどのハイカーブサングラスでは度付き作成ができません。

先にこの度数で作れそうなフレームを選ぶことにしました。



足の不安定な磯場でもズレずに下がらない高いフィット性が大事です。

オークリーのスポーツモデルのように高いフィット感を求めるなら、同じオークリーで選ぶ必要があります。


他にも近年、ゴルフやトレイルランニングなど多くのアスリートに使用されているEyevol(アイヴォル)もご提案しました。



いろいろ試着した中でお客様が選ばれたのがオークリーのACTUATOR(アクチュエーター)。

スポーツモデルながら一般的なサングラスと同じレンズカーブで、強い度数での作成にも対応できます。


良い選択です◎

私もプライベートでこのACTUATOR(アクチュエーター)を使用しており、かけ心地の良さを気に入っています。

次はレンズ選択です。



釣り用のサングラスなので、レンズはもちろん偏光レンズを使います。

ただ、偏光レンズのような特殊なレンズは作成できるレンズ度数に限界があり、あまりに強い度数では作成できません。


各レンズメーカーが対応できない中、唯一対応できるレンズがありました。

HOYA社のPOLATECH(ポラテック)です。



通常、偏光レンズはレンズ生地の間に”偏光膜”を挟み作成しますが、HOYA社のポラテックはこの偏光膜をレンズコーティングとして進化させました。


これ実はかなり画期的なことで、そのおかげで偏光レンズの弱点である「剥離」の不安がなくなり、さらに加工がしやすくなったので様々なフレームでも度付きサングラスを作ることができるようになりました。


同様に強度数での作成も可能となり、今回のような事例でも対応できる有難い偏光レンズです。

レンズカラーも豊富で、ナチュラル系からハイコントラスト系、さらに偏光ライトカラーまで揃っています。



ロックショアならハイコントラストで視認性を上げてガンガン攻める釣りもいいのですが、じっくり攻めたいお客様は長時間でも疲れにくいナチュラル系のフォレストにして、表面にはオレンジミラーを施しファッション性と防眩性を上げました。


作成には1ヶ月ほどかかりましたが、無事に作成することができました。

出来上がりを楽しみにしていたお客様。

念願の度付き偏光サングラスを手にし、とても嬉しそうな笑顔を見せてくれました。


喜んでいただき私も嬉しいです。

見え方も良いようで安心しました。


強度数での度付きサングラス作成は、お渡しするまで緊張が走ります。

もちろん事前に見え方の確認をした上で作成しますが、レンズ度数が強くなればなるほど見え方の差異は顕著に感じます。



今回もお客様の笑顔が見れて良かった。

また頑張れそうです。


S様、この度はありがとうございました。

ブログ掲載が遅くなりましたが、お作りしたサングラスがその後もお役に立てていたら嬉しいです。


あらためて、これからもよろしくお願いいたします!!



---------------------

【磯釣り用度付偏光サングラス】

■フレーム

 OAKLEY ACTUATOR(A)

 OO9250-05 ブラックトートシェル

■レンズ

 HOYA NULUX RF 1.67 4c 偏光

 ポラテック フォレスト×オレンジミラー

■加工代 中心厚指定

----------------------


北九州でサングラスやめがねのことならSUNPLUSまで!


SUNPLUSへのご予約はこちらまで


※LINE公式アカウントからもご相談や予約を受け付けてます。

Comments


bottom of page