top of page

日中から夜間まで万能に使える運転用の防眩フィルター度付きサングラスをお作りしました!



前回、ゴルフ用としてフィジカルサポートカラーの度付きサングラスをお作りしたお客様。

もう一本、防眩フィルターレンズ「Neoコントラスト」で運転用度付きサングラスをお作りしました。



普段の視力が0.7なので日中は特にメガネを着けることなく運転していました。

しかし、雨天や夜間になると見にくさを感じていて、この機会に運転用度付きサングラスを作ることにしました。



サングラスというと、目が隠れるほど真っ黒なカラーをイメージしますが、真っ黒なサングラスでは夜間使用することができません。


夜間でサングラスは必要ないと思われますが、最近では車のヘッドライトが高輝度化してきたため、眩しすぎて運転に支障をきたす方が増えています。



かといって薄いカラーのサングラスにすると昼間が眩しくて使いにくくなってしまいます。

そこで防眩フィルターレンズのNeoコントラストの登場です。



メガネレンズで紫外線カットやブルーライトカットなど、特定の光の波長だけをカットする機能レンズのようにNeoコントラストは人が眩しく感じる585nm付近のイエローライトの波長だけを抑えます。



イエローライトを抑えたNeoコントラストの視界は、明るさはそのままでコントラストが格段にアップします。

本来の色彩も認識しやすくなるので、運転だけでなく趣味のゴルフでもこれまでと違った視界で楽しむことができます。



意外と知られていませんが、実は夜間運転の時にはカラー濃度に規定があります。

日本産業規格(JIS)で適切だと提示されている可視光線透過率は75%(レンズ濃度25%)となっており、レンズ濃度が25%超えるサングラスは適切ではありません。



これに対し、Neoコントラストの可視光線透過率は77%(レンズ濃度23%)となっているので、規定を気にせず安心して使用することができるのもポイントです☆



ゴルフ用のフィジカルサポートカラーサングラスは持ち込みのオークリーのFROGSKINSを使用しましたが、運転用はEyevolのPESKINにしました。


プロゴルファーも愛用するEyevolはスポーツサングラスというカテゴリながらも、普段使いしやすいデザインで幅広く使用することができます。



普段は裸眼で過ごすことが多いお客様に、なるべくメガネか度付きサングラスを着けて”きれいに見える視界”に慣れていただくようお伝えしました。


裸眼(0.7)の視界で過ごしていると、その視界が当たり前になって矯正した視界を「見え過ぎる視界」と認識してしまい、身体的にもメンタル的にも抵抗を感じるようになります。


世の中にはきれいに見たいのに様々な理由でそれができない方々がいらっしゃいます。

仕事柄そんな方達を見てきたので、”きれいに見える視界”ってとても尊いものと思っています。



きれいに見える目があるなら、きれいな視界を楽しんでください。

その視界はあなただけの特別な「世界」です。


SUNPLUSはメガネやサングラスを通じて、そのお手伝いをさせていただきます。

お作りしたサングラスがどうかお役に立ちますように☆



---------------------

【運転用 防眩フィルター度付きサングラス】

■フレーム

 Eyevol PESKIN BK-LG 53□

■レンズ

 KODAK 1.60Neoコントラスト AS

 パワープロテクト付き

 可視光線透過率77%

■加工代

----------------------


北九州でサングラスやめがねのことならSUNPLUSまで!


SUNPLUSへのご予約はこちらまで


※LINE公式アカウントからもご相談や予約を受け付けてます。

Comments


bottom of page