top of page

クレー射撃の視界改善と体幹サポート!フィジカルサポートカラーで度付きシューティンググラスをお作りしました!!



クレー射撃を趣味としているお客様より、度付きシューティンググラスのご相談です。


元々、視力が1.5だったお客様。

数年前から視力の低下を自覚しており、日常生活では不便はないものの、趣味であるクレー射撃ではターゲットに照準が合いにくくなってきたので対策を考えてたそうです。



ただ考えはしたものの、対応してくれるお店があるのか分からず、いろいろと探しているところSUNPLUSを見つけご来店くださいました。


SUNPLUSでは、サバゲー用度付きシューティンググラスはいくつも作成例があるものの、クレー射撃用は初めて。

同じシューティングスポーツですが勝手が違います。



クレー射撃用と言っても、車の運転など普段使いもしたいお客様。

そのことも考えて長時間使用もできるものが望まれると判断しました。


先ずは視力の状態をチェック。

両眼視力は1.0まで見えましたが、片眼ずつだと利き目の右が0.7、左目は0.6です。



1.0見えるなら問題ないように思いますが、元々1.5の視力をお持ちだったお客様からすれば1.0は見にくく感じます。

視力をお測りすると、軽度の乱視があることがわかりました。


その乱視度数を矯正すると視力は1.5まで向上しましたが、タイトな乱視矯正はクッキリ見えるようになりますが、見え過ぎて違和感を感じる方が多いです。



そのため、度数を少し抑えて装用テストを行いました。

視力は1.2ほどになり落ち着いた視界となりましたが、お客様自身は見え方が不十分のようです。


今回はハッキリ見えることが第一条件。

きっちり1.5の視力が出るように再調整し、再び装用テストを行ったところ違和感なく見え方も向上したので、この度数に決めました。



次にレンズカラー選択です、クレー射撃には視認物を明確にさせるハイコントラストカラーがありますが、普段使いのことも考えるともう少し自然なコントラストで見せる必要があります。



そこで『フィジカルサポートカラー』をご提案しました。

コントラストを最適化するフィジカルサポートカラーは、色調を整えながら視界を改善させます。


さらにフィジカルサポートカラーの効果である”体幹の安定”と”可動域の拡大”は、クレー射撃においても有効に働くのではと思いました。



サンプルレンズでフィジカルサポートカラーの効果を実感したお客様は、実際に使用する銃を構えながら効果を確認したいということで翌日銃をご持参されました。


初めてみるクレー射撃に使う銃は、手入れが行き届いていることが素人目からも分かるほど綺麗で迫力があり、重厚でどこか美しくすら感じました。



手慣れた感じで銃を組み上げ、ピタッと構えます。

息を呑むほど落ち着いて静かな動作です。


ご本人はまだまだですと謙遜していましたが、使い方次第で大事故になりかねない「銃」を取り扱う者としての気構えが伺えました。



フィジカルサポートカラーのサンプルを装着し、一つ一つ動作を確認。

同時に見え方も確かめご満足いただけたようで、この仕様でお作りすることにしました。


フレームは、OAKLEYのSIシリーズのSPEEDJACKETを選択。

一番お顔にフィットするものを選びました。



実際に使用した感想はまだ聞けていませんが、きっとお役に立てていると願っています。

A様、この度は貴重な体験をさせていただきありがとうございました。


良かったら、今度感想を聞かせてくださいね。

よろしくお願いいたします!



---------------------

【クレー射撃用度付きフィジカルサポートカラーシューティンググラス】

■フレーム

 OAKLEY SI SPEED JACKET

 OO9228-05 67□

■レンズ

 KODAK TUFFNEX SPORTS 8c

 撥水コート付き

 フィジカルサポートカラー(PSC)

 右・左/GD2+RE1(左右同色)

■加工代

----------------------


北九州でサングラスやめがねのことならSUNPLUSまで!


SUNPLUSへのご予約はこちらまで


※LINE公式アカウントからもご相談や予約を受け付けてます。


Comments


bottom of page