求めるのは眩しくないけど明るい視界☆レイバンのレンズを替えて自分好みにカスタマイズしました!!



眩しさに悩む20代のお客様からサングラスのご相談です。


これまでもいくつかサングラスを試してみたところ、眩しさは抑えられますが、暗く感じるばかりで根本的な解決まではいきませんでした。



そんな時、SUNPLUSのことを知り、今回のご来店となりました。


お客様から話を伺うと、暗くなり過ぎると目が疲れてしまうとのこと。

かといって薄いレンズにすると眩しくなるので、サングラスの意味がない。。。



SUNPLUSでは、同じような内容で困っておられたお客様が複数いらっしゃいます。

そんな方々にご提案して好評だったのが防眩フィルターレンズの「ネオコントラスト」。



”防眩フィルターレンズ”と書くと、偏光レンズをイメージされる方もいますが、根本的に作りが違います。



偏光レンズは偏光フィルターを使い雑光を抑えて視界を確保しますが、ネオコントラストは眩しさの原因となる光だけをピンポイントで抑え、眩しさだけを抑えたクリアな視界を提供します。



使用目的によって選択するレンズが変わるので、どちらが優れたレンズというわけではありません。

今回のお客様には、防眩フィルターレンズのネオコントラストが適正と思い、ご提案しました。



サンプルレンズで試していただいたところ、理想の視界だったようですぐに気に入っていただけました。

ただ好みとしてはもう少し濃い方がいいということで、ネオコントラスをベースに配色した『Sight585(サイトゴーハチゴ)』をご提案。



11色のカラーバリエーションの中、お客様が気にられたのがGREY(グレイ)でした。

GREYは可視光線透過率54.7%なので夜間使用はできませんが、視界の色味を変えず暗くなり過ぎないので、お客様の要望にもピタリと当てはまりました。



フレームはRayBanのNEW WAYFARER(ニューウェイファーラー)を選択。

もともと濃いレンズが入っていたので、そのレンズを外し、ネオコントラストレンズを入れてカスタマイズしました。


理想の見え方になってお客様も嬉しそうでした。

喜んでいただき私も嬉しいです✨


お作りしたサングラスがお役に立つことを心から願っています。



---------------------

【RayBan ネオコントラストサングラス 】

■フレーム

 RayBan NEW WAYFARER

 RB2132-F col,601/64 55□

■レンズ

 KODAK TUFFNEX ネオコントラスト

 4c FR

 Sight585 GREY

 可視光線透過率54.7%

■加工代

----------------------


北九州でサングラスやめがねのことならSUNPLUSまで!


SUNPLUSへのご予約はこちらまで

http://sunplus-kitaq.com☆


※LINE公式アカウントからもご相談や予約を受け付けてます。

https://lin.ee/UEpMiqW

閲覧数:44回0件のコメント