top of page

トレラン(トレイルランニング)用として防眩フィルターレンズNeoコントラストで度付きサングラスをお作りしました!



今回はトレイルランニング用の度付きサングラスのご相談です。


SUNPLUSのある北九州市は、平尾台や企救自然遊歩道など低山で縦走できるコースが意外と豊富で、InstagramやTwitterなどSNSで紹介されていることもあり、年々トレランやトレッキングを楽しむ方が増えています。



忙しい仕事の合間に趣味のトレイルランニングを楽しんでいるお客様。

キャリアも豊富で、平尾台トレイルやカントリーレースなど地元の大会だけでなく、各地方の大会にも積極的に参加しています。



そんなお客様より、トレランで使用している”スポーツメガネ”のご相談を受けました。

現在、オークリーのCROSSLINK STRIKE(クロスリンクストライク)を着けて走っていますが、長年の使用によりレンズが傷み、視界に影響が出てきたそうです。



フレームはまだまだ使えるので、レンズだけ替えたいと思い、対応してくれそうなお店を探していたところSUNPLUSを見つけご来店くださいました。



レンズは、通常のメガネ用レンズと防眩フィルターレンズのNeoコントラストの2種類をご提案しました。

Neoコントラストをご提案したのは、以前同じトレランをメインにしたランナーのお客様にNeoコントラストをご提案したところ、大変見やすくなったと喜んでいただいたからです。



Neoコントラストのサンプルレンズで見え方を確認していただいたところ、スッキリとした快適な視界をすぐに気に入ってくれたので、このレンズでお作りすることにしました。


防眩フィルターレンズのNeoコントラストは、人が最も眩しく感じやすいイエローライト付近の光をピンポイントで抑えるため、眩しくないのに明るく見える不思議な視界を提供してくれます。



さらに可視光線透過率が23%なので、夜間使用にも適します。

ロングトレイルの大会ともなると夜間での走行も考えられるので、そのためにわざわざ夜用のメガネを用意する必要がありません。


私自身、Neoコントラストはトレイルランニングに適したレンズだと思っています。


視界が悪いと走りにくいです。

逆に視界が快適になると、視界が開けてとても走りやすくなります。

これは良いパフォーマンスにも直結します。



近年ランナーだけでなく、あらゆるアスリートの方々が『視覚』に対し意識を向けています。

”勝ち色”という言葉も出てきているあたり、視覚が身体面(フィジカル)に深い影響を与えていることが明るみになっていることがわかります。


もし伸び悩む方がいらっしゃるなら、まず『視覚』に目を向けてみてはいかがでしょうか。



後日、お客様に使用感を伺ったところ、とても見やすくなって走りやすくなったと喜んでいただけました。

お役に立てて本当に良かったです☆



また自信をもってNeoコントラストをお薦めできます。

もし他のカラーをご希望であれば、Neoコントラストをベースに配色された「Sight585」や、「フィジカルサポートカラー」がありますので、目的に応じてご提案させていただきます。


ご興味ある方はぜひご相談ください☆



---------------------

【トレラン用 防眩フィルターメガネ】

■フレーム

 OAKLEY CROSSLINK STRIKE

 お客様持ち込み品 

■レンズ

 KODAK 1.67Neoコントラスト AS

 パワープロテクト付き

■加工代

----------------------


北九州でサングラスやめがねのことならSUNPLUSまで!


SUNPLUSへのご予約はこちらまで


※LINE公式アカウントからもご相談や予約を受け付けてます。

Komentarai


bottom of page