top of page

新たな趣味として始めたトレッキングに合わせてオークリーで度付きサングラスをお作りしました!



SUNPLUSでは、いろいろな趣味やお仕事に合わせて度付きサングラスをお作りしています。

今回は、最近趣味で始めたトレッキングに合わせて度付きサングラスをお作りした事例をご紹介します。



トライアスリートでトレイルランニングのランナーでもあるご主人様に誘われ、まずはトレッキングから始めたお客様。


これまで使用していたサングラスでは暗く感じすぎるので、快適に見えるサングラスを探していたところ、ご主人様がSUNPLUSを知り、一緒にご来店くださいました。



ゆくゆくはトレランを一緒に楽しみたいと思っているご主人様のようですが、奥様にはまだハードルが高いご様子。

私としては一緒に山遊びしてくれるパートナーがいればそれだけで羨ましいです☆



仲睦まじく趣味のお話をされるお二人にとても好感を持ちました。


トレッキングに関しては、前向きに楽しみたいと思っているお客様。

様々なフィールドに行くためには、それに適したサングラスが必須だと思います。



ご提案したのは、防眩フィルターレンズのNeoコントラスト。

以前、同じように登山用の度付きサングラスを作りにきたお客様から、一般のサングラスは暗くなり過ぎて景色が曇って見えてしまうということをお聞きしました。


そのお客様にNeoコントラストをご提案したところ大変喜ばれました。



人が感じることのできる”可視光線”の中で、最も眩しく感じる585nm付近の波長(イエローライト)をピンポイントで抑えることで「眩しくないのに明るくクリアな視界」をNeoコントラストは提供してくれます。



前回のトレイルランニング用としてお作りしたスポーツメガネでもそうでしたが、低登山に防眩フィルターレンズ『Neoコントラスト』は大変相性の良いレンズだと思います。


実際にサンプルレンズを用いて見え方を確認していただきました。



眩しさを抑えて明るくクリアに見える視界をすぐに気に入っていただけましたが、お客様のイメージする使用環境とNeoコントラストの視界では若干違いがあるようでした。



そこでNeoコントラストをベースに配色された『Sight585(サイトゴーハチゴ)』を新たにご提案しました。

11色ものカラーバリエーションの中で選んだのは、SUNNYカラー。



前のサングラスが暗く感じていたということでしたので、もう少し明るめのカラーを選ばれると思いましたが、Sight585の中で最も濃いカラーを選ばれました。


いろいろなサンプルレンズを着けて分かりましたが、お客様が求められたのは、眩しさを抑えながらもクリアに見える”明瞭性”でした。

視界が暗くなりながらも明確に見えるのは、Sight585のSUNNYカラーならではの見え方です。



出来上がりを楽しみにしていたお客様☆

新たな視界に「うんうん」と頷きながら嬉しそうな笑顔を見せていただきました。


お渡しのついでに、導入したばかりのフィジカルサポートカラーも試していただきました。

色調によって体幹の安定に差が出ることを実感し、次回作るときの検討材料にしていただきました。



Tさま、この度はありがとうございました。

その後お作りしたサングラスはお役に立ってますでしょうか。


良かった今度使用具合を教えてくださいね。

ご主人様と一緒にまたぜひご来店くださいませ!!




---------------------

【トレッキング用 度付きサングラス】

■フレーム

 OAKLEY HYPERLINK(A) ハイパーリンク

 OX8051-03 54□

 サテングレースモーク

■レンズ

 KODAK 1.60Neoコントラスト AS

 パワープロテクト付き

 Sight585 SUNNY

 可視光線透過率26.4%

■加工代

----------------------


北九州でサングラスやめがねのことならSUNPLUSまで!


SUNPLUSへのご予約はこちらまで


※LINE公式アカウントからもご相談や予約を受け付けてます。

Kommentare


bottom of page