夜のヘッドライト対策に!OAKLEYで度付きナイトサングラスをお作りしました。


夜のヘッドライトが眩しくて、眼が疲れているお客様から夜用サングラスのご相談を受けました。

最近のカーライトは、白くて明るいLEDライトが主体になっています。

視認性が良くなり、運転手は夜間でも安全に運転できるようになりましたが、それに伴い対向車のヘッドライトも眩しくなり、その眩しさに気を取られ運転に影響が出る人も増えてきました。


私自身も最近のヘッドライトが苦手で、運転中に眼を背けてしまう時があります。

対向車だけでなく、後ろの車からのヘッドライトも眩しくて、バックミラーの角度を変えてやり過ごしたりしたこともありました。


一時は煽られているんじゃないかと思い感情的になることもありましたが、そうではなくヘッドライトの影響だと分かり、これは何か対策が必要だと考えました。

当時、私が注目したのはKODAKの防眩レンズ「ネオコントラスト」。


その中で、ネオコントラストを薄くしたシーコントラストをベースとしたSight585のイエローを使用してみました。


このカラーを選んだ理由は、可視光線の中で眩しく感じる光イエローライトと、高エネルギーのブルーライトを軽減させるからです。

これが思った以上の効果で、今まで眼を背けていたヘッドライトを気にすることなく運転ができるようになりました。


直接ライトを見ると当然眩しいのですが、以前のような光の刺激は感じません。

これかすごいレンズだと感心しました☆

そのことをお客様に伝えると、ぜひそのレンズで作成したいと嬉しいお言葉をいただいたので、早速お作りすることにしました。


このレンズに合わせるフレームは、OAKLEYのFLAK2.0。

スポーツモデルながら、普段使いできるデザインで、目元を覆えるので予期せぬ方向からのライトにも対応できます。


いつもはメガネが必要のないお客様。

ただ、視力をお測りすると左右の見え方に差があり、しかも利き目の方の右目が見えにくくなっていました。

よく見えることは大切ですが、併せて両方の眼がバランスよく見えている「両眼視」も大切です。

特に車の運転となると尚更です。


右目を矯正し、左右の見え方のバランスを整え、しばらく様子を見てみました。

バランスよく見える両眼視の視界が大切だと感じたお客様。

今回は度付きでお作りすることにしました。

夜のライトが眩しくて悩んでいる方が増えてきているように感じます。

その中でSUNPLUSは、専門店としてお客様が気軽に相談できるお店として在りたいなと思いました。

M様、いつもありがとうございます。

お作りしたサングラスがどうかお役に立ちますよう心より願っています。


---------------------

【OAKLEY 度付きナイトサングラス】

■フレーム

 OAKLEY  FLAK2.0 カスタム

 フレーム/マットブラック

 アイコン/ガンメタル

 イヤーソック/スレート

 レンズ/クリア(度無し)

■レンズ

 KODAK 1.60シーコントラスト SP

 8c パワープロテクトコート付き

 Sight585 Yellow

■加工代

----------------------

北九州でサングラスやめがねのことならSUNPLUSまで!

SUNPLUSへのご予約はこちらまで

http://sunplus-kitaq.com

※LINE公式アカウントからもご相談や予約を受け付けてます。

https://lin.ee/UEpMiqW

閲覧数:235回0件のコメント