top of page

RayBanと防眩フィルターレンズで超快適な度付きサングラスをお作りしました!



RayBanと防眩フィルターレンズで超快適な度付きサングラスをお作りしました!

女性のお客様より度付きサングラスのご相談です。


時間が不規則な看護師というお仕事柄か、だんだん日中の眩しさに敏感になってきたお客様。

普段からでも使える度付きサングラスをお求めでした。


RayBanと防眩フィルターレンズで超快適な度付きサングラスをお作りしました!

お客様が一目惚れで選んだフレームがRayBanのRB3765。

今人気のクラウンパウント型のツーブリッジフレームです。


私も個人的にこのフレームが大好きで、どんな方に着けていただけるんだろうと楽しみしていました。

女性に選んでもらえて嬉しく思いました⭐︎


RayBanと防眩フィルターレンズで超快適な度付きサングラスをお作りしました!

レンズは防眩フィルターレンズの「ネオコントラスト」をご提案しました。


少しずつ認知が広がっている防眩フィルターレンズですが、ポイントは眩しく感じる光をピンポイントで抑えること。


RayBanと防眩フィルターレンズで超快適な度付きサングラスをお作りしました!

人が感じる光の中で最も眩しく感じる580nm付近の光だけを抑える機能を持ったレンズですが、見え方としてはカメラでいう『白飛び』が治る感覚です。


最近では日差しの強さもそうですが、照明やLEDライトの性能が上がったおかげで室内でも明るく見やすくなりましたが、光量過多により目の疲れを訴える方も増えてきました。


そんな方にこの防眩フィルターレンズは役立ちます。


RayBanと防眩フィルターレンズで超快適な度付きサングラスをお作りしました!

防眩フィルターレンズには、ネオコントラストをベースに染色したカラーが11色あります。


今回のレンズカラーは、防眩フィルターレンズの中でも一番濃いSUNNY(サニー)というカラーです。

可視光線透過率は26.4%、目が少し透けて見える程度の濃さになります。


RayBanと防眩フィルターレンズで超快適な度付きサングラスをお作りしました!

一般的に販売しているサングラスにも、時々「可視光線透過率◯%」と言う表示を見たことがありますが、90%や85%など数値が高いほど透明(クリア)になり、10%や17%など数値が低いとレンズカラーが濃くなります。


レンズカラー選びの判断基準の一つとして覚えててくださいね。


とても楽しみにしていたお客様⭐︎

「もう目をしかめなくていい!すっごく楽!」と、とても喜んでいただけました。


RayBanと防眩フィルターレンズで超快適な度付きサングラスをお作りしました!

喜んでいただき私も嬉しかったです。

その後、フィジカルサポートカラーにも興味を持ってくれたので、持ち込みのフレームにフィジカルサポートカラーを入れました。


これはまた別でご紹介させていただきます。

T様、ありがとうございました!!


RayBanと防眩フィルターレンズで超快適な度付きサングラスをお作りしました!

---------------------

【防眩フィルター度付きサングラス】

■フレーム

 RayBan

 RB3765 col.002/58 53□

■レンズ

  KODAK 1.60Neoコントラスト AS

 パワープロテクト付き

 Sight585 SUNNY

■加工代

----------------------


北九州でサングラスやめがねのことならSUNPLUSまで!


SUNPLUSへのご予約はこちらまで


※LINE公式アカウントからもご相談や予約を受け付けてます。

Commenti


bottom of page