top of page

70代男性へテニス用の度付きサングラスを遠近両用でお作りしました!



70代男性からテニス用の度付きサングラスのご相談です。


これまではお手頃な価格で作れる度付きサングラスを使っていましたが、最近めがねの度数が変わり、そのサングラスでは使いにくくなったお客様。



もともと、見え方に少し不満があったようで、せっかく作り替えるなら専門店でと考えネット検索したところSUNPLUSを見つけご来店くださいました。


嬉しいですね、期待にお応えできるよう頑張ります!



70代ということで、目に異常がないか視力測定を行いました。

70歳という年齢を考えれば白内障などの症状が出ていることも考えられます。

SUNPLUSでは、年齢に構わず視力測定で何かしらの異常を感じた時は、眼科検診をお勧めしています。



前にも60代後半の男性の視力をお測りしたところ、視力向上が認められなかったため、眼科検診に誘導しました。

すると、後日白内障ということが分かり、めがねの作成の前に治療することになった事例があります。



今回のお客様は、少し視力の反応に鈍さを感じましたが、両目で1.0まで視力が向上したので問題なしと判断し、作成に向けてお話しすることにしました。


視力は向上したとはいえ、以前に比べ眩しさには敏感になってきたお客様。

眩しい光だけを抑える防眩フィルターレンズ「ネオコントラスト」をご提案したところ、とても見え方を気に入っていただけました。



防眩フィルターレンズは、人が感じる光(可視光線)の中で最も眩しく感じる585nmの光をピンポイントで抑える機能レンズです。


白く霞むような眩しさを抑えるので、視界の彩りがクッキリします。

一般的なサングラスよりも暗くなり過ぎないため、テニスとの相性も抜群です。



ただ、防眩フィルターレンズのNeoコントラストだけでは、見上げると太陽の光が気になってしまうので、Neoコントラストをベースに染色したSight585(サイトゴーハチゴ)のNAVY(ネイビー)カラーにしました。



さらに、お客様はこれまで遠近両用レンズでプレイしていたため、今回のレンズも遠近両用で作成することにしました。


防眩フィルターレンズ「Neoコントラスト」は、遠近でも作成できます。



フレームは、OAKLEYのPLAZLINKを使用。

スポーツ系のフレームですが、目を覆うようなハイカーブ設計ではないため、度付き、特に遠近両用との相性も良く、理想的な度付きスポーツサングラスを作ることができました。


出来上がりを楽しみにしていたお客様。

着けた瞬間、パッと明るくスッキリ見える視界に驚かれ、「これならまたテニスを楽しめる!」と嬉しいお言葉をいただきました。



とても喜んでいただき私も嬉しかったです。

「ここで作って良かった」と聞いた時は本当に嬉しかったです。


またこれかも喜んでいただけるよう研鑽を積んで参ります。

今後ともよろしくお願いいたします!!



---------------------

【テニス用遠近両用度付きサングラス】

■フレーム

 OAKLEY PLAZLINK

 OX8061-04 56□ (Mat TRANSLUCENT BLUE)

■レンズ

 KODAK 1.67ネオコントラスト DF PAL 4c PP

 Sight585 NAVY

■加工代

----------------------


北九州でサングラスやめがねのことならSUNPLUSまで!

SUNPLUSへのご予約はこちらまで


※LINE公式アカウントからもご相談や予約を受け付けてます。

 


bottom of page